初めの頃はキャッシング派

キャッシングとカードローンを比較してみるとカードローンの方がメリットは多いような気がします。
学生の頃から先輩に教えてもらってキャッシングを利用していました。
そこまで派手な使い方はしていませんでしたが、趣味の登山や自転車などにお金がかかり、その補てんとしてキャッシングを利用していました。
当時からキャッシング会社はたくさんありましたが、一番家から近くて、審査が簡単だと言われていた消費者金融を利用しました。

キャッシングはカードローン比較すると「手軽さ」が勝っていると思います。
最近はカードローンとキャッシングの違いなんてよく分かりませんが、昔はカードローンと言えば審査が難しいと言われるものでしたから学生だったらキャッシングというイメージの基、キャッシングを利用していました。

実際にカードローンの審査を受けてみるとそこまで難しくないことを知ったのは社会人になってからです。

審査時間は少し長い

最近銀行系のカードローン会社の審査を受けました。
ネットバンクなのでそこまで緊張はしませんでしたが、金利が他社と比べて安く、その分審査が厳しくなることはある程度覚悟していました。

3日ほどかかったのはキャッシングの即日融資に比べて長いイメージがありましたが、それでもこちら側は特に特別なことはしていません。
しかも借りたのはSBI銀行のカードローンですが、ここは電話審査がありませんでした。
これは不思議でしたが、一応在籍確認程度はしているみたいです。

カードが届くのに時間もかかり、トータルで1週間くらいはかかる計算ですからキャッシングに比べるとこの辺の手軽さはないと言えます。
しかし、150万円まで借りられるという事実とその分金利が10%を切るような水準ですから審査に時間がかかるからと言って敬遠しているのはもったいないと思いました。

同じ借金ですから返済を考えた借入が必要ですが、審査自体はそこまで難しくなく、それでいて金利も安い、限度額も大きいカードローンは結構気に入って使っています。