カードローンの審査を受けた時は

カードローンはお申し込みしたらどなたでもすぐにご利用開始となる訳じゃないです。
必ず審査にが行われその審査に受かった人だけがご利用することが出来ます。
審査に受かる人もあれば受からない人もあります。
受からない人は何らかの原因があります。
ホームページで申し込んだときに入力間違いがあった、安定した収入を得ていない、
対象外の年齢である、他社からの借入額が多い、または借入件数が多いなど原因は様々です。
入力間違いで審査落ちしてしまうのは勿体ないので間違わないように慎重に入力してください。
安定した収入を得ていない人はアルバイトやパート、派遣でも構わないのでまず働いてみて、お給料では足りなかったときに申し込んでみてください。
他社からの借入額が多い場合は返済に回して少なくしてから、借入件数が多い場合は3社以内にまとめてからお申し込みしてみてください。
対象外の年齢である場合は残念ながらご利用することは難しいですが、満20歳以上65歳未満くらいの年齢ならお申し込みできるところが多いです。

信用情報に問題がある可能性

どのカードローンに申し込んでも審査落ちしてしまうと言う方は信用情報にキズが付いている可能性が高いです。
カードローンの審査では信用情報を参照しています。
信用情報は金融機関同士で共有されており、申込情報やクレジット情報、利用記録など様々な個人情報が記録されています。
過去にカードローンの返済を遅延したことがあったり、任意整理や個人再生や自己破産といった債務整理を行ったことがありますと、
記録から削除されるまでの一定期間の間はカードローンにお申し込みしても審査落ちしてしまいます。
一度にまとめて複数社のカードローンにお申し込みしても、信用情報の申込情報をチェックされて審査落ちの原因になる事があります。
まずは低金利など有利な条件で借入できるカードローンを選んでおき、1社ずつお申し込みされたほうが良いです。
信用情報は情報開示しており、どんなことが記録されているかご本人で閲覧することが出来ます。
正当な理由で記録されたものは削除してくれることはありませんが、審査落ちの原因が分かる事があります。