ギリギリの状態で借りた

カードローンの借入をした時の話です。
借りた会社はプロミスで私が借りた時は看板が変わって青とオレンジになっている頃に借り入れをしました。

その頃は特にお金がなくてしかも他社からキャッシングやカードローンを利用している時でしたからとにかく焦っていました。
50万円以上も返済があり、しかもボーナスが不況下で減らされてボーナス払いを計画していた自分にとってこれ以上なくらいに状況が急を有していました。

銀行残高が1万円を切り、その状況で3万円以上の返済が迫っている状況ですからそこで考えたのがカードローンの借り換えです。
要するに金利の安い会社でお金を借りてそのお金で他社の返済を行おう、ということです。
これをすると金利分返済総額が減りますから節約になりますし、それと返済先が一本に絞れますから返済がしやすくもなります。

そこで審査が比較的簡単そうなプロミスに興味を持ったのです。
プロミスは大手消費者金融系に比べても金利は安く、金利無料期間などもありますからそれらを使えば節約になると考えました。

審査はスムースに行って返済生活へ

カードローン審査は簡単とまではいきませんでしたが、それでも特に大きな問題もなく無事完了しました。
本人確認と在籍確認に少し時間がかかりましたが、それを我慢すればすぐにカード発行とお金を引き出すことが出来ました。
満額審査が通りましたから、私の考えていた返済生活が始まりました。

審査の時にも思いましたがプロミスの人は丁寧でした。
返済についての質問も最後まで丁寧に聞いてくれて、こちらの考えに沿った返済を提案してくれて、さらにはメールなどのサポートもありましたから嬉しかったです。

大抵は審査が終了したら、機械的に返済期限通知などが届くのですが、人間の存在が分かる会社だったので感じは良かったです。
返済も順調に進みました。
気持ちの問題かもしれませんが、それでも返済先が綺麗にまとまり心理的にも返済が楽になったのだと思っています。
カードローンは使い方によっては返済を楽にしてくれるアイテムですね。